「未分類」カテゴリーアーカイブ

のんびりじっくりと

みなさん、こんにちは! ベルーフ研修生のSです。

この度、ある企業の情報システム部に就職が決まりました。
業務は、社内のパソコン管理、ネットワーク管理と
プログラミングを使った業務の効率化などです。

ベルーフに入所するまでの4年ほどは、長い闘病生活だったので、
自分がこのような仕事に就けるとは想像もできなかったです。
就職が決まるまでの約3年間、支えてくれた指導員の方々や
仲間のおかげだと思っています。感謝してもしきれないです。

今回は、この機会に障害のこと、ベルーフに入るまでのこと、
就職にいたるまでの経緯を書いていきたいと思います。

障害名は、ADHDです。
小さい頃から周りに「変な子」とよく言われていました。
片づけが出来ず、忘れ物が多い、「協調性がない」とよく言われ、
周りの大人に怒られ、果ては呆れられる。
家族で出かけては、行く先々でトラブルを起こし、両親に頭を下げさせる。
こんなことがしょっちゅうでした。

今思い返すと、自分が悪いことは分かるのですが、
当時は、悪気もなく怒られるたびに悲しい思いをしていました。

初めてADHDと診断されたのは、大学二年生の時でした。
大学では、高校の頃から好きだった数学を専攻していました。
入学してからしばらくの間、活字がとても苦手でした。
当時は、専門書を読むだけでも一苦労でした。

また、障害特性の先送りもひどかったです。
「やらなきゃ」と思い、教科書を広げるのですが何もできず、
結局1~2時間、ネットで動画を見るなんてことがよくありました。

「どうして自分はこうなんだろう」と思い悩んだことが、
きっかけで精神科を受診して、ADHDと診断されました。
診断された時は、体調が悪いということもなかったので、
それ以上、精神科には通うことはありませんでした。

ADHDと診断されたからと言って何かが変わるわけでもなく、
相変わらず勉強するのは、一苦労でした。
それでも下手の横好きで愚直に好きな数学と向き合い続けました。
そのおかげもあってか何とか大学院に入学することができました。
入学後、周りの優秀な人たちを見ては毎日、落ち込んでいました。

やりたいこと、求められることが上手くできず、
「やらなきゃ、やらなきゃ」と焦りが強くなりすぎて、
気付くとあまり眠れなくなり、立つことができないほどの体調不良になりました。

この頃から、今でも続いている精神科の通院を始めました。
投薬治療を続けながらなんとか大学院は卒業できましたが、
就活をする余裕がなかったので、就職はできませんでした。
卒業後は、実家に戻ってしばらく療養生活を続けていました。

実家に戻ってから半年ほど経った頃、少し体調が回復してきたので、
リハビリがてらに塾講師のアルバイトを始めることにしました。
週2~3日バイトに行って、1~2コマ授業をする。
それ以外は、家で映画をぼーっと見て休む生活を送っていました。

同級生たちが立派に社会人をやっている話を聞いたり、
塾で子供の成長を見たりして、すごく焦っていたことを覚えています。
この頃は、将来に対する漠然とした不安で毎日心が潰されそうでした。

アルバイト生活が3年ほど経った頃、少し体調がよくなり、
「フルタイムの仕事がしたい」と強く思うようになりました。
この頃はまだ不眠症がひどく、いきなり就職することは厳しかったので、
就労移行支援事業所に通うことを決めました。
ネットで色々と調べたり、福祉の方にお話を聞いてもらったりして、
最終的にベルーフへの入所を決めました。

決め手は、データサイエンスやプログラミング教育が充実していることでした。
これなら学んできた数学を生かせると思ったからです。

ベルーフでは、たくさんの事を学ぶことが出来ました。
ITリテラシー、Office、プログラミング、統計学、データサイエンスなどを
学べたことはもちろん、自分や他人との向き合い方、働くための考え方なども
学ぶことが出来ました。

入所した当時、Officeすらほとんど触ったことのない状態でした。
統計学についても、学生時代に数学を専攻していましたが、
あまり勉強したことがない分野でした。
最初は、どれも難しそうでとても不安でした。
それでも指導員の方の「できるようになれるよ」という言葉を
信じて愚直に勉強を続けました。

研修では、分からない箇所をその場で積極的に質問していました。
最初は、恥ずかしさがあったり、「うっとうしいかな」と思ったりしましたが、
指導員の方々はいつも優しく丁寧に教えてくださいました。
そのおかげで今では、プログラミングと統計の基本的な事ができるようになりました。
ベルーフに入所する前には想像もできなかったことです。

また、ベルーフでは資格取得が推奨されています。
入所してからしばらくは、プログラマーかデータサイエンティストの
どちらを志望するのか迷っていたので、どの方向に進んでも良いように
基本情報技術者試験と統計検定2級の両方を取得しました。

資格取得に当たっては、先輩の研修生から勉強方法を教わりました。
障害の特性上、計画を立てることや継続することが苦手なので、
つらくて何度も投げ出しそうになりました。
そのたびに指導員の方に励ましてもらいながら
なんとか試験に合格することが出来ました。

今までやりたいことをやり切れず悔しい思いを何度もしてきたので。
資格に合格したことはとても嬉しかったです。「やればできる」という自信がつきました。

勉強以外の事に関しては、自分との向き合い方を学ぶことが出来ました。
以前は、やりたいことがあると猪突猛進しては、倒れて、また突っ込んでと
そんなことの繰り返しでした。
加えて、何が原因かも自分では分からずにいました。
ベルーフに入所してからは、指導員の方に何度も相談してもらい
自分の疲労のサインをいくつか見つけることが出来ました。

今では、疲れたら意識的に休めるようになりました。
まだ頑張り過ぎて、数日寝込むことがたまにあるのですが、
落差は前に比べるとずいぶんと小さくなりました。

就職活動を始めたのは、約一年ほど前です。
最初は、障害者雇用向けの合同面接会に行きました。
4社ほど面接を受けたのですが、どれも全滅でした。
今年6月にあった合同面接会にも行ったのですが、
前回よりも入念に準備したのですが、同じような結果でした。

就職が決まったきっかけは、ベルーフが毎年開催している総合説明会でした。
そこで今回、就職が決まった会社の方に声を掛けていただけました。
声をかけてくださった理由は、「資格があり、自分で学ぶことができる」、
「プログラミングを長年やっていて数学が大事」と思ったからだそうです。

大学院を卒業してから、色々と上手くいかないことが多かったです。
自分のやってきたことを後悔したり、今やっていることが正しいのか
と悩んだりしていました。
なので、今回仕事が決まり、今までやってきたことに意味が
あったのだと思えてとても嬉しかったです。

大学院卒業から就職が決まるまでの7年間は、本当に長かったです。
壁にぶつかり、苦しくてどうしようもない時期もありました。
それでも今回仕事が決まったのは、ベルーフの皆さんのおかげです。

長い間、本当にありがとうございました。

きっとできる

ベルーフに入ったのは、私立文系大学卒業だが中学までの数学・理科に自信があり、夫はいても仕事を持ちたかったからだ。しかしプログラミングの授業を受けるとなかなか自力で問題を解くことができず成績は良くなかった。勉強するのが辛くなった。「プログラミングをやめようか…」と悩んだが、悩みながらも2年間プログラミングを続けたらプログラミングの成績が20点くらい上昇し、就職も決まった。やっていくうちに努力が積み重なって実績になったのだと思う。

私は人よりも抜きんでた業務上の能力は無い。人並み以下だ。だったら人一倍努力したらいいのだが、プログラミングをあまり勉強できなかった。あまり勉強できなかったといっても成績は最初、B評価で最後はA評価だったから、頑張ってはいるという程度だ。また資格はベルーフ在籍中にITパスポートに合格した。

現在、入社関係書類を集めていて、働くと年金とか色々変わるのだなと実感している。私は今、タダの主婦から契約社員になって働こうとしているのだ。就職後の目標としては会社に貢献し、仕事を続けたい。プログラミングを続けていたい。勉強時間を増やしたいと思う。

最後に、プログラミングやビジネス系研修等を教えてくださった先生、スタッフの皆様、共に学んだ研修生の皆さん、ありがとうございました。

就職活動を終えて

こんにちは。ベルーフ研修生のTです。

私は、コンサルティング会社のITコンサル部門で、中途未経験のエンジニアとして働くことが決まりました。最初は週30時間の時短勤務から始め、徐々に時間を伸ばして最終的にはフルタイムで働きたいと考えています。また、在宅勤務が中心で、出社は週に1日程度の予定です。

ベルーフに通うまで数年間引きこもりに近い生活を送っていた私は、はじめは自分が本当に働けるのか半信半疑でした。でも、週3日から始めてだんだん日数を増やしていくことで無理なく体力もついたし、様々な研修や課題に取り組むなかで、少しずつ自分に自信が持てるようになりました。失敗してもいい環境でいろいろなことにチャレンジできたのはとてもありがたかったです。完璧主義で人に相談できないことが障害の要因の一つでしたが、いい意味で力の抜き方を覚えたり、支援員との面談を通して不調や悩みを相談するスキルを身につけたりしたことで、ずいぶんと生きやすくなったと感じています。

就職活動においては、これまで就労経験がなかったため、職務経歴書の代わりに、ベルーフで受講した研修の一覧と各研修で学んだことをまとめたものを企業に提出しました。履歴書の自己PR欄にも研修への取り組み方について記載しました。ベルーフで積極的に研修に取り組んだ経験が就職活動に役立ったと思います。

就労移行支援事業所はたくさんありますし、どのような事業所が合うかは人それぞれだと思いますが、私はベルーフを選んでよかったなと思っています。IT業界に就職したいと考えている方、就職に向けて実践的な訓練がしたいと考えている方は、ベルーフを検討してみてはいかがでしょうか。

就活までの道のり

こんにちは、ベルーフ研修生のOです。恐縮ながら、ベルーフ研修生ブログの筆を執らせていただきました。ベルーフには約1年半通所をしております。

 今回は、私が就活に至るまでに、どのように体調管理を行っていたのか、筆を執らせていただきます。

 突然ですが、皆様は体協管理で悩んだことはありませんか?

常日頃ベストなパフォーマンスを発揮するため、心身ともによい状態を維持すること。一見簡単そうに見えて、難しいものなのだなと、痛感しております。かくいう私も、ベルーフに通い始めた当初は勤怠が安定せず、体調管理ができていない人間でした。その為現在でも、体調に無理が生じない範囲であること、まずは自分のペースをつかむことを念頭に置き、無理せず研修に取り組んでおります。

 私は事務職希望の為、万全な体調管理は欠かせません。その為、常日頃心身のケアを欠かさないことが重要になります。現在は就労に向けて、心身ともに万全な状態であることに努めております。このブログ記事がお役に立てれば、幸いでございます。

 研修生O

復帰記念

研修生のNと申します。なお、前回に投稿したNさんとは別人です。

自分はちょうど一年前にBerufに通所を始めたのですが、社会不安障害の問題を解決できず、一年目はなかなか受講が進みませんでした。
一年目の終わりごろに症状を改善できたので、二年目こそはと心機一転して通所を再開しています。

時間的な焦りはありますが、現在は大変体調がよく、ほぼ皆勤賞で来ているので、今のペースを守って就労まで進みたいです。

それはそれとして、IT実務という講義で、Beruf公式サイトの保守点検業務を担当することになったのですが、これがなかなかどうして大変です。
WordPressのホームページなのですが、テンプレートをアップデートすると、表示されなくなってしまうそうです。なるほど、これが実務の洗礼ということでしょう。

自分はWordPressに触るのは久しぶりなのですが、シンプルながら綺麗なホームページを作ることができて、良さを再確認できました。
こういう製品を作るエンジニアさんやデザイナーさんはカッコいいですね!

IT人材を目指して努力するひよっこですが、一緒に頑張りましょう!
では、また!

就労体験記(2022年10月卒業生)

こんにちは!ベルーフ研修生のNです。

今回は、10月にとある企業様に事務職として正社員採用された私が、どのように就職活動をして内定を得ることができたのか、振り返りも兼ねて、就職活動体験記を書かせていただきます。

私はITエンジニアやデータサイエンティストの障害者雇用を多く輩出するベルーフでは、少数の事務職希望でした。

東京近郊で就労移行支援事業所に通所されていて、事務職で就職希望の方には、東京しごと財団の職場体験実習をオススメします。私は職場体験実習をさせて頂いた企業様に内定を頂き、就職することが出来ました。職場体験実習では、とても親切に仕事を教えて頂けましたし、前職を退職した時からブランクが長かった私は、職場の雰囲気に久しぶりに触れることができて、とても良い体験でした。職場体験実習を終えて、この企業様で働きたいという願いが叶い、内定を頂き、晴れて正社員として就職することができました。

職場体験実習で実際に企業にて実習ができることは、障害者を採用する企業側と障害者雇用を希望する障害者の双方にメリットがあると思います。企業側は実習期間を通じて、障害者が職場に適応できるか、どの程度働くことが出来るか判断できますし、雇った後のことを実習での様子から想定しやすくなります。障害者側は、体験実習先で自分が働きやすいかどうかを、実際の職場での業務を通して知ることができます。

次に、就労に向けてベルーフで行ったことを振り返りたいと思います。

ベルーフでの就労支援は、就労支援員の診察同行から始まりました。先ずは主治医に、就労できる段階にあるのか、医療の立場から判断してもらうためです。主治医とベルーフの間に連携があることは、大きな安心感に繋がりました。特にベルーフの職員の方々が、私の障害や診断名に対して理解があったことは、私にとっては一番心強かったです。

また、私の経験では、障害者雇用の事務職として就職するにあたり、資格取得や電話対応が出来ることが有利に運びました。

ベルーフでは、ITパスポートの取得を全研修生に推奨しています。私は、ベルーフ通所中に2ヶ月間の勉強でITパスポートを取得することができました。ITパスポートの資格取得は、“やればできる”という自信に繋がり、とても有意義な体験でした。

またベルーフでは、希望する研修生に、実際の電話対応を実習も兼ねて任せて頂けます。電話対応は、最初は緊張しましたが、事務職で就職する為には必要なスキルと思い、ベルーフに週5日、通所して、電話対応をさせて頂き慣れていきました。

私は、就職が決まるまで、挫けかけたり、不安な気持ちでいっぱいでした。なぜなら私を雇うかどうかを決めるのは、雇われる私自身ではなく、雇う企業様側の判断だからです。ですが、素直にベルーフの就労支援員や主治医のアドバイスを実践した結果、晴れて就職することができたのだと思っています。

ベルーフの職員の方々は本人が諦めない限り、就職活動を全力でサポートしてくれます。私のこのブログを読んで、ベルーフに通所して、いずれは就職して働きたい!という方が増えることを切に願います。

東京しごと財団 職場体験実習

https://www.shigotozaidan.or.jp/shkn/yourself_supporter/workplace_experience-based_training/

研修生N

一緒にプログラミングを学びませんか?

こんにちは。私は入所して1年になるベルーフ研修生Nと申します。キャリアチェンジでプログラマになりたいと思ってベルーフに入所しました。今日はベルーフのIT系研修であるプログラミング科目について授業の説明や受講した結果などをお伝えしたいと思います。

まず、授業についてですが、ベルーフの授業は講義形式で先生から直接、教わることができます。pythonやjavaやphpやC++などのプログラミング科目の授業の難易度は企業でのエンジニアの新人研修レベルです。研修生の中には積極的に質問をする人もいて、分からないことが分かるようになります。

次に、私が受講した結果についてです。1回目のpython受講時は演習問題の理解度は△で、充分理解したとは言えない状況で成績は真ん中くらいでした。しかし2回目のpythonを受講している今は理解度は◎で、全ての演習問題を解答を見ずに自力で解くことができています。

今まで努力を積み重ね、諦めずに勉強に取り組んできた結果だと思いました。プログラミングが難しいなと感じプログラミングが好きでなかった頃は、プログラマを目指すのをやめようと思っていました。しかし今は問題を解くことができると達成感があり、やはりプログラマになりたいという目標を持ち、それに向かって頑張っています。

ベルーフの先生方は私たち研修生の可能性を信じて応援してくださいます。また、私よりも研修以外の時間も一生懸命、勉強し成果をあげている他の研修生と一緒に勉強出来て、良い刺激になっています。

キャリアチェンジでベルーフでプログラミングを1から学び就職されたベルーフ卒業生は多数いらっしゃいます。ベルーフに興味をもたれた方は、どうぞ見学に来てください。

研修生N

IT系だけじゃない!ベルーフの様々な研修

こんにちは!ベルーフ研修生のNです。

ITエンジニア、データサイエンティストといった専門職就労を多く輩出し、IT関係やプログラミングの研修が強みのベルーフで、今回、私が受講したビジネス系の研修であるインストラクション研修について、書かせて頂きます。

初めにインストラクション研修とは、時間内に相手に分からせる伝達を学ぶ研修です。パワーポイント等のプレゼン資料はなるべく使わずに、自分の言葉で相手に分かりやすいように話す練習を行います。企業面接時の質疑応答にも役に立つ研修です。

インストラクションを構成する際には、まず相手に伝えたい情報源であるシーズと相手が知りたい情報であるニーズを考えて、それに則って文章の骨格を作成し、その後話したい内容をまとめたノートを作る、といった具合で発表内容をまとめていきます。

そして研修期間中には、自身で作成したインストラクションを、ロールプレイングとして他の研修生の前で発表する機会が3回あります。この発表は10分という制限時間の中で行われ、その場では研修生が互いに発表内容について評価をします。

1回目の発表で私は、「ITパスポート試験合格体験記」について発表したのですが、ただ用意したノートを棒読みして伝えるのみの状態でした。自分の中でもただ合格体験談を話したのみで、相手に何を伝えたいかどうしたらうまく伝達するかやり方がわからない状態での発表でしたが、1回目だから仕方ない、と2回目に切り替えて発表の仕方について考えました。

2回目の発表では、大好きなロールプレイングゲームである「ドラゴンクエスト」について発表しました。2回目の発表では、「ドラゴンクエスト」のゲーム音楽を発表中に鼻歌で歌ったり、聴講している他の受講生に質問して発表に参画してもらったり、研修生に興味関心を持って頂けるように工夫を加えてみました。

3回目の発表は、「ホットプレートでクッキング」というテーマで、自分が好きな料理でホットプレートを使ったレシピについて発表しました。今まで作ったホットプレート料理の写真を交えながら、おススメのホットプレートのメーカーの紹介なども加えて、自分の言葉で伝えるように心がけました。

3回目の発表となると、自分の伝えたい内容をどのようにわからせるといいか、どこで聴講し発表に参画してもらう質問をしたらいいか、今までの反省点を交えて、声に抑揚や気持ちを込めて伝えるタイミングなどもわかってきて、聴いている方にわからせたい内容を発表時間内にまとめることができました。その結果、他の研修生からの評価も今までで一番良いものとなりました。

6月からベルーフでは、新入生の方も含めて新しい時間割が始まります。その中には、ベルーフが強みとしているIT系の研修だけでなく、ビジネス系の研修も豊富に用意されていて、そのカリキュラムもしっかりと体系化されています。

本日紹介したインストラクション研修のほか、私のように経理・財務業務志望の方にも、事務職に就労希望の方にも、就労に向けて役に立つ研修に、ビジネスパーソン研修や文章教室などがあります。このほかにも、どの分野への就職を目指す人にも役立つ豊富な種類の研修がありますので、以下のリンクからベルーフの講座紹介を見に行ってみてください。

以上のように、今後事務職を希望される方でも、就職にむけて必要なスキルをベルーフのカリキュラムを通して十分に学ぶことができるので、ぜひ、興味のある方は体験入所からでもベルーフに来てみてください。

ベルーフの居心地の良さがわかると思いますよ~。

講座紹介 | 就労移行支援事業所ベルーフ (beruf.xyz)

相談申し込み | 就労移行支援事業所ベルーフ (beruf.xyz)

研修生N

ベルーフ研修生ブログを再開します!

今期より、ベルーフのブログ担当となりましたKと申します。

改めまして、ベルーフとは、障害者の就労移行を支援するため、通所、研修、実務経験を行う機会を研修生に提供する場所です。

私はベルーフに通い始めて一年が経ちますが基礎教育の段階におり、就職までの道のりはまだ長いと感じています。ですが、昨年度は多くの先輩のご就職を見送りました。先輩方を見習い、今年も一歩ずつやるべきことを積み重ねたいと考えております。

現在、共に研修を受けている方々も、プログラミングやデータサイエンス、Webデザイン等の専門的な技術を身に付けつつ、実際にプロジェクトを動かして企業での仕事に遜色無い実務経験を積まれています。彼らの成果を聞いていても、ここベルーフで学ぶことの多さを実感し、自身も継続して通所をしたいと感じる今日この頃です。

今後は研修生が交代で、定期的にブログを更新していきますのでよろしくお願いいたします。研修内容や成果に対する所感、資格取得の合格体験記などを書いていただく予定です。

このブログを通して、企業の皆様、今後通所を考えている皆様、ベルーフに興味を持ってくださった方々に、少しでもベルーフを身近に感じていただけると幸いです。どうぞよろしくお願いいたします。

ブログ更新担当者K